武将列伝帖

こう ほうきのかみ ちかとし

国府伯耆守親俊

【氏】不明【姓】不明【名】国府【通称】伯耆守【諱】親俊

別 名

国司伯耆守親俊(こくし ほうきのかみ ちかとし / くにのつかさのほうきのかみ ちかとし)

国造伯耆守親俊(こくぞう ほうきのかみ ちかとし / くにのみやつこ ほうきのかみ ちかとし)

出 身

不明

官 途

伯耆守

所 属

伯耆山名氏(南条氏)

生 年

不明

没 年

不明

 

- 列 伝 -

伯耆国高城城の城主と伝える人物。

伯耆民談記では名を「国府」としており在地豪族であったことを伺わせるが、郷土史や口伝によっては国司、国造などと変化している。

 

1524年(大永4年)、尼子経久による伯耆国内への侵攻が始まると居城であった高城城の周辺諸城は尼子方の攻撃を受け陥落している。

高城城を守る小勢では尼子方の大軍に到底敵わないと怖れ慄き、尼子方の軍勢が高城城へと向かう前から城を捨てて逃亡したと伝える。

この故事から高城城が唯落の城(ただおちのしろ)と呼ばれ、住民の嘲笑を受けたと記されている。(伯耆民談記)

 

伝承される名から一族については一定の推測ができる。

「国府」とする場合は在地豪族(後藤氏)。諱からは藤原氏の一族の可能性も伺える。

「国司」とする場合は伯耆山名氏の配下で南条氏か近い一族。

「国造」とする場合は石川氏の一族。

 

福積の稲毛家に伝わる口伝では「南条虎熊公伯耆守親俊」と伝える。

文字に起こすと南条宗勝の有力な家臣であった人物と推測されるが、口伝による表現では同一人物、南条宗勝の別名として伝えている。

上 へ

戻 る