武 将 列 伝 帖

むらかみ ゆきあき

村上行明 / 村上行秋

【氏】【姓】朝臣【名】村上【通称】不明【諱】行明

別 名

源行明 / 源行秋(みなもとのゆきあき)

但馬房(たじまのぼう)

出 身

不明

官 途

但馬守

所 属

村上氏

生 年

不明

没 年

不明

 

武 将 列 伝

源師房または源雅兼の子孫を称した村上氏の一族。名和長年の曾祖父にあたる。

一族は但馬国上頭、下頭両郡を治める地頭であった。

 

1221年(承久3年)、承久の乱では村上天皇の後裔を称していたことから後鳥羽上皇の率いる官軍に与しており、この頃は源の名を名乗っている。

官軍に与して戦うが北条方の軍勢に敗北し、これまで治めた上頭、下頭の両郡が奪われると子の村上行盛と共に伯耆国汗入郡長田庄へと亡命しており、長田庄へ土着すると村上の名を名乗っている。

北条氏により但馬国上頭、下頭両郡を奪われたために伯耆国へ亡命したとされるが、北条政子の計らいにより長田庄を宛がわれたとする説も一部の郷土史に見える。

 

但馬国の領地を奪われ直接伯耆国へ亡命する説の他、比叡山延暦寺へと亡命し僧兵になったとする説も見える。

修行僧の頃は但馬房を名乗っており、荒松氏野坂氏の家臣が付き従ったとされる。

比叡山延暦寺での修行生活が認められると大山寺の末寺であった長田観音寺領を譲り受け、この時に伯耆国汗入郡長田庄へ移ったとしている。(大山町誌)

比叡山修行説では真面目な修行生活が認められた結果に長田庄を与えられたとするが、異説には修行を途中で放棄し逃げ出した先が汗入郡長田庄であり、そのまま土着したとするなど様々な説が見える。

 

村上行盛と併せて親子で英明果敢な人物と評され、晩年は隠岐に流された後鳥羽上皇の御徳を朝夕に慕い、北条氏に対しては永久の恨みを抱いて長田の地に没したとある。(郷土誌 長田)

墳墓は家臣の荒松氏が代々護ったとされ、鳥取県西伯郡大山町長田字徳楽に本人と村上行盛の墳墓と伝わる巨大な五輪塔が現存する。(往古の洪水により荒松氏が現地に移したとある)

 

異説には名和長年が15歳の頃に名和へ移ったとも云われ、長田庄には家臣の荒松氏を残している。(大山町誌)

上 へ

戻 る