武 将 列 伝 帖

むら たくみのかみ

武良内匠頭

【氏】不明【姓】不明【名】武良【通称】内匠頭【諱】不明

別 名

武良隣左衛門/武良隣左エ門(むら りんざえもん)

出 身

不明

官 途

内匠頭、左衛門尉

所 属

尼子氏⇒毛利氏

生 年

不明

没 年

不明

 

武 将 列 伝

尼子家の宿老、亀井秀綱の家臣で境水道の守備を担った伯耆国高岡城の城主とされる人物。

伯耆志では「武良某」とあり、文書によっては字を隣左衛門(隣左エ門)とも。

 

一族の起源は島根県の隠岐の島にあるとされ「和名類聚抄(和名抄)」にも穏地郡隠岐島後北部に「武良郷」と呼ばれる地名が存在したとされる。(現在も各所に「武良」と名の付く場所が残る)

 

1566年(永禄9年)3月20日、自らの還暦祝いのため地引網(鰯漁見物)を行うとして、主君の亀井秀綱と主従二百余名を出雲国鈴掛山城より高岡城の陣屋に招いて酒宴を催していた。

 

この時すでに毛利方で伯耆国尾高城の城主、杉原盛重と内通しており、陣屋での酒宴と時を同じくして杉原盛重の率いる二千余騎が軍船多数を従え美保湾より出航、城主不在の鈴掛山城へ攻略に向かっていた。

 

鈴掛山城からの早馬で危急を知った亀井秀綱高岡城に若君の清若丸と乳母の夫である小磯又四郎を残し、境村付近まで引き返すも時すでに遅く、鈴掛山城は戦火に遭い落城していた。

居城は落城、高岡城の反乱も相まり進退窮まると亀井秀綱は境の海岸にて切腹し果てたとされる。

 

亀井秀綱鈴掛山城へ向かって退城した直後に叛意を露にしており、自身を筆頭に武良方の兵が反乱を起こす形となり、残された亀井方の兵と城内で乱戦となった。(小磯戦争)

 

小磯戦争後の詳細は不明。

城跡周辺に尼子方の五輪塚や五輪塔が多く残されていた事から毛利氏に通じた後も引き続き本人、あるいは一族の者が高岡城周辺を治めたものと推定される。

 

妖怪漫画の巨匠、故水木しげる氏はこの武良一族が先祖(或いは一族)であると自称していた。

上 へ

戻 る