武 将 列 伝 帖

ふくやま とうさぶろう

福山藤三郎

【氏】不明【姓】不明【名】福山【通称】藤三郎【諱】不明

別 名

出 身

不明

官 途

不明

所 属

尼子氏

生 年

不明

没 年

1565年(永禄8年)10月10日

 

武 将 列 伝

福山綱信の養子。

 

1565年(永禄8年)10月10日、福山綱信平野又右衛門らと三村家親の居城であった伯耆国法勝寺城を襲撃している。

 

襲撃戦で福山綱信が討たれると敵衆の勝鬨の方へと駆け付け、首級が敵の手に渡ることがないよう福山綱信の首を刎ね地中深くに埋めている。

福山綱信の首を泥の中に埋め隠した後は敵陣へと突入し、数人を斬り伏したがこの時に深手を負い、一揆衆の手にかかることは良しとせず自刃している。

 

その後、田の畔で三体の遺体が見つかり、この他人の首と福山綱信の腕が洗合の本陣(出雲国洗合城)へ送られている。(陰徳太平記 巻第三十九 福山肥後守討死之事)

上 へ

戻 る