伯耆古城図録

ほっしょうじじょう / ほうしょうじじょう

法勝寺城 / 法性寺城 / 法正寺城 / 保晶寺城

鳥取県西伯郡南部町法勝寺

別 名

尾崎城 / 尾崎寺城(おざきじょう / おざきでらじょう)、本紹寺城(ほんしょうじじょう)

遺 構

郭跡、土塁、堀切、横堀、竪堀、空堀、切岸、櫓台、礎石

現 状

山林、城山公園、水田、畑地、法勝寺中学校

城 主

(伯耆山名方)山名元之配下の城将

(尼子方)法性寺某

(毛利方)三村家親毛利遠江守本紹

築城年

1480年(文明12年)以前

山名政豊による攻撃から推定。

伯耆山名氏衰退期

法性寺某による当村の開拓時。

1564年(永禄7年)

毛利氏による改修。

廃城年

1602年(慶長7年)頃

※1480年(文明12年)頃に廃城の可能性あり。

築城主

伯耆山名氏尼子氏毛利氏

形 態

山城

備 考

南部町指定文化財(平成16年10月1日指定)

参考文献

伯耆志

伯耆民諺記

伯耆民談記

山名系図

山名政豊感状

萩藩閥閲録

隠徳太平記

米子史談

西伯町誌

因伯叢書第4巻「伯耆誌」

戦国動乱期の伯耆-その戦乱の跡をたどる-(平成19年11月:米子市立山陰歴史館)

縄張図

法勝寺城略測図(鳥取県教育委員会提供)

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

 

概 略

1480年(文明12年)、伯耆山名氏の内紛により山名元之が領した当城を山名政豊が攻撃している。

この記述から1480年(文明12年)以前には当城が存在していた可能性が推測されている。(山名系図、山名政豊感状)

 

異説に1564年(永禄7年)、毛利氏による築城とする説も見える。

この説を採る場合は1480年(文明12年)の伯耆山名氏による内紛で当城が徹底的な破壊を受け、廃城となっていたと推定する。

 

陰徳太平記では村名の由来を尼子方の隠岐人、法性寺某という人物が当地を開拓した事に始まると記されている。

かつては広大な荘園などを有した豊かな地域であったが、文明年間に勃発した伯耆山名氏の内紛によって荒廃し、一時の間、歴史上から姿を消す期間があることから当城及び周辺地域は完全に放棄されていた事が推測される。

この頃、隠岐より法性寺某が入植し、荒れた土地を開墾し法勝寺村を開いたことから再び活気を取り戻したことが推測される。

 

伯耆民談記 法正寺城之事

永田庄法正寺村にあり。古城主法性寺殿領地なり。

 

伯耆民談記では古城主として法性寺某と考えられる人物を挙げている。

 

1564年(永禄7年)、尼子方の領有であったが毛利方の部将、三村家親に攻められ落城。毛利方の領有になると城砦の改修が行われている。(この改修が毛利氏による築城とする説となる)

 

1591年(天正19年)までに毛利氏が伯耆国内に有した五城のうちの一城(保晶寺城)として記述が見え、特に重要視された城砦であることが伺える。

陰徳太平記では伯耆国不動ヶ嶽の戦いから当城、当城から伯耆国大江城の攻略について三村家親らを主軸にした記述が見える。

 

伯耆志では法性寺村の条および鴨部村の条に城跡についての記述が見える。

 

伯耆志 法性寺村の条

往古法性寺城と号す。鴨部村境内に在り。故に事項彼村の下に記す。

 

伯耆志 鴨部村の条

村の北上る事一丁余りの山なり。北方に空堀の形あり。頂の平地方二三間、やや下りて西方に方十五間許の地あり。昔の法勝寺城これなり。

 

伯耆民談記では吉川元春の幕下、三村家親が永禄年間に居城したとあり「(三村家親は)武徳日々に盛してついに伯州の押の将となる」と記されている。

宇喜多直家討伐のため備前国へ出張した後の当城に関しては欠文としている。

三村家親出張後の城主として伝の残る毛利本紹毛利元就の系図に名が見えず架空の人物とされるが伯耆志では忌日を6月7日としている。

一説には”法性寺”が訛り”本紹寺”となり”本紹”が語り伝えられ武将の名前にすり替わったとも推測される。

 

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)に記載の縄張り図には記載されていないが現在の法勝寺中学校周辺が二の丸とされ、 南東の伯耆国外構城へ続く道中の丘陵裾にも郭跡のような平削地、土塁のような土盛、堀跡のような溝跡も見える。

 

年 表

1480年

文明12年

但馬山名氏山名政豊が伯耆守護、山名元之の領する当城を攻撃。(山名系図、山名政豊感状)

この記述から内紛以前に当城の所在が推測され、内紛により当地は荒廃、当城も廃城が考えられる。

不明

尼子方で隠岐人、法性寺某によって当地が開拓され、法性寺村の由来とされる。(陰徳太平記)

この頃、当地を尼子氏が領有したと推測される。

1564年

永禄7年

毛利方の部将、三村家親の侵攻に対して尼子方の援軍に伯耆国八橋城の城主、吉田源四郎が来援するが尼子方は敗れ落城。

毛利氏の領有となり、この頃に城砦の改修が行われたとされる。

1565年

永禄8年

尼子方の吉田源四郎平野又右衛門谷土孫平衛が当城へ攻撃を仕掛けた際、三村家親は打って出ようとしなかったため尼子方によって城下への放火が行われている。(陰徳太平記)

1565年~1566年

永禄8年~永禄9年

毛利方の三村家親が居城としていたが宇喜多直家討伐に備前国へ赴いた後の当城に関しては不明。(伯耆民談記)

三村家親は1566年(永禄9年)2月5日に美作国の興善寺で暗殺(射殺)されている。

1570年

元亀年間

三村家親の後任として毛利本紹が城主に任命されたと伝えられる。

同年、毛利本紹は尼子再興の軍を率いた山中幸盛に攻められ自刃している。

1601年~1602年

慶長6年~慶長7年

中村一忠が伯耆国へ転封された頃、或いは伯耆国米子城が完成した頃に廃城と云われる。

地 図

写 真

訪城日 2013/08/17、2014/02/01

上 へ

戻 る