武 将 列 伝 帖

よしだ ひぜんのかみ もとしげ

吉田肥前守元重

【氏】源【姓】朝臣【名】吉田【通称】源四郎【諱】元重

別 名

吉田源四郎(よしだ げんじろう)

出 身

不明

官 途

肥前守

所 属

尼子氏⇒杉原氏⇒吉川氏

生 年

不明

没 年

不明

 

武 将 列 伝

出雲吉田家の一族で吉田左京亮の子。

尼子氏に仕えた頃は源四郎、毛利氏に帰順した頃から肥前守を名乗っている。

 

代々尼子氏に仕え、天文年間(1532年~1555年)に父の吉田左京亮が播磨国で討死にすると家督を継ぎ、伯耆国大江城八橋城)の城主となった。

 

1564年(永禄7年)、父を討った仇敵の三村家親が伯耆国法勝寺城へ侵攻すると援軍として出陣するが、援軍の甲斐なく法勝寺城は落城している。

 

1565年(永禄8年)、毛利方の出雲国月山富田城包囲戦の前段階として、出雲国と伯耆国との補給路を絶つため尼子方の伯耆国内における残存戦力であった伯耆国江美城、伯耆国不動ヶ嶽が続けて落城。居城の大江城も孤立すると攻撃を受け落城となった。

落城寸前、残存兵200騎をまとめ敵中突破を敢行し、尼子氏の家城である月山富田城まで落ち延びている。

 

落ち延びた後の詳細は不明。

月山富田城の攻防戦では尼子家に殉じ最期まで戦った吉田氏の一族には名前が見えないこと、後に杉原盛重の部将として伯耆国尾高城の城番を務めていることから月山富田城の開城後は毛利氏に帰順したと推測される。

 

尼子氏の宿将であり、毛利方の伯耆侵攻に対しては度々防戦に赴き、月山富田城開城後の降伏と推定されるにも関わらず杉原盛重の娘を娶るなど、尼子氏滅亡後の降将としては破格の厚遇を受けており、律儀で忠義の士とも評される。

 

1571年(元亀2年)、伯耆国米子城に続いて尾高城に攻め入ってきた尼子残党の羽倉元蔭が率いる五百余騎に対し、菖蒲左馬允入江大蔵少輔と共に大将として七百余騎を率いて応戦している。(陰徳太平記 巻四十八 羽倉元蔭戦死之事)

陰徳太平記では「菖蒲、入江、巳下に盛重が婿なる」とあり、菖蒲左馬允入江大蔵少輔より格が下であったことが分かる。

 

1573年(元亀4年/天正元年)には吉川元長に従い軍役。

 

日頃から杉原景盛の悪行には耐え兼ねていたとされ、杉原盛重が没した後に杉原家の家督争いが起こると杉原景盛を見限り香川春継粟屋就光ら討伐軍に応じ協力している。

 

杉原景盛の討伐後は尾高城の城番を任されている。

上 へ

戻 る