武 将 列 伝 帖

すぎはら またじろう かげもり

杉原又次郎景盛

【氏】不明【姓】不明【名】杉原【通称】又次郎【諱】景盛

別 名

杉原勝右衛門(すぎはら かつえもん)

杉原少輔次郎(すぎはら しょうじろう)

行松十郎二郎(ゆきまつ じゅうろうじろう)

幼 名

松千代(まつちよ)

出 身

不明

官 途

兵庫頭、左近進、右衛門尉

所 属

毛利氏⇒南条氏?

生 年

不明

没 年

1582年9月1日(天正10年8月15日)

 

武 将 列 伝

毛利家の家臣、杉原盛重の次男。兄の杉原元盛を謀殺した後、伯耆国尾高城の城主。後に伯耆国佐陀城の城主。

杉原盛重の子とする記述も見えるが尾高城の前城主、行松正盛の子で「行松十郎二郎(幼名は松千代)」とされる。

 

行松正盛の死後は杉原盛重に養育され、杉原盛重の嫡男は三男とされる。(陰徳太平記、伯耆民談記)

山名理興の遺臣、藤井皓玄らの叛乱では一時備後国神辺城を奪われるが、奪回戦では兄の杉原元盛と共に軍功を挙げている。

 

1580年(天正8年)、吉川軍による因幡国鳥取城後詰戦には兄の杉原元盛と共に従軍。

 

1582年1月19日(天正9年12月25日)、杉原盛重が没すると杉原家の遺産相続において不満を持ち、旧臣の菖蒲左馬允と共謀すると尾高城の二ノ丸付近にて兄の杉原元盛を暗殺している。

 

兄を殺害し家督相続を上奏するが毛利氏には認められず、知行は吉川元春によって没収されている。

一連の騒動から叛意を疑われ、吉川元長より討伐のため香川春継粟屋就光らが派兵されている。

 

1582年(天正10年)8月3日から数日で尾高城は陥落(説得により開城)、居城の佐陀城が包囲されると残った将兵らと共に斬り死を覚悟している。

しかし普段の素行の悪さから人心は既に離れており、毛利方の討伐隊へ投降する将兵が出始めると疑心暗鬼に陥り、最後まで忠節を尽くした横道高光に対しても無実の罪を疑い殺害している。

この一件により佐陀城に残った僅かな将兵も離反し、香川春継らの策により矛を交えることなく捕らえられた。

 

捕縛後、毛利方への叛意が無い旨の弁明を試みるが、これまでの悪行は毛利方の知るところであり、全く相手にされないとわかると周囲を罵り笑いながら自刃したとされる。

自害した場所は島根県出雲市平田町にある大林寺とされ、遺書諸具一切を寄進し果てたとも伝わる。

 

二人の子供も一緒に殺害され杉原家は改易となった。

大林寺には3基の墓石が残り子供や正室の墓とも云われ、杉原盛重と共に供養されている。

 

兄、杉原元盛の殺害後は尾高城の城主となっていたが、物の怪が見えるようになったり城を徘徊する兄の亡霊といった幻覚に悩まされるようになり、佐陀に新城を造り移ったと伝承に残る。

 

一連の騒動には羽柴秀吉の関与も疑われるとされるが明確な記述は無い。

 

1585年(天正13年)、伯耆国内最後の戦となる伯耆国香原山城の戦いに登場する行松次郎四郎行松正盛の次男で杉原盛重に養育された人物とされ経歴も合致することから自刃せず生き延びていた可能性も僅かに存在する。

上 へ

戻 る