伯耆古城図録

さだじょう / さたじょう

佐陀城 / 佐田城

鳥取県米子市淀江町佐陀

別 名

佐陀館 / 佐田館(さだのやかた)

遺 構

郭跡、土塁

現 状

佐陀神社、水田、住宅地

城 主

(毛利方)杉原景盛粟屋元辰

築城年

1582年(天正10年)~1584年(天正12年)春頃の完成と云われる。

廃城年

杉原景盛の誅殺後に破壊されたとする説あり。

築城主

杉原景盛とする伝承が残る。

形 態

平城、居館

備 考

史跡指定なし

参考文献

伯耆志

陰徳太平記

萩藩閥閲録

伯耆民諺記

伯耆民談記

淀江町誌(昭和60年8月 淀江町)

縄張図

佐陀城略測図(鳥取県教育委員会提供)

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

 

概 略

正確な場所は特定されていないが、伝承には現在の佐陀神社周辺と推定されている。

佐陀神社の鎮座する字「上屋敷」、北の字「下畑屋敷」、道路を挟んだ東の字「東小堀」が城館に由来する地名とされる。

1582年(天正10年)の毛利輝元書状に出るのが初見とされる。

 

杉原氏系図(岩国微古館所蔵)

元盛に遺恨これ有り、天正九年、景盛これを討つ。

 

1582年1月19日(天正9年12月25日)、伯耆国八橋城にて杉原盛重が没すると長子、杉原元盛と次子、杉原景盛の間で家督争いが始まり、翌年の1582年(天正10年)、杉原元盛杉原景盛によって伯耆国尾高城の二ノ丸の門付近にて殺害されている。

系図では1581年(天正9年)の出来事としている。

 

1582年(天正10年)、兄を殺害し杉原家の家督を奪ったことを毛利家に対する叛意と疑われ、検使として香川春継が遣わされている。

名目は久米郡の小土産山に城郭を築くため、普請の者を出すよう要請したとされるが、杉原景盛は当城の普請途中を理由に断っている。

要請を拒否したことから叛意を認められ改めて討伐軍が編成された説と、小土産山の普請に向かうと偽り8,000騎を率いて急襲した説がある。

普請の要請が全くの偽りとする説もされるが、小土産山に城郭が築かれていたとも云われる。

 

1583年(天正11年)秋、築城に着手、翌年の1584年(天正12年)春には完成、杉原景盛尾高城から当城へ移ったと淀江町誌に見えるが、杉原景盛は1582年9月1日(天正10年8月15日)に誅殺されているため、上記期間の築城であれば鎮圧後に粟屋元辰が居するための簡素な施設の建造が推測できる。

 

杉原景盛が住するための築城とするなら1582年(天正10年)の春頃が推定され、当時、西伯耆随一の規模を誇った尾高城から、明らかに規模の劣る当城へ移った理由は不明だが、兄の亡霊や物の怪が見えるようになり当城へ移ったことが民間伝承に見える。

 

伯耆志 佐陀村の条

杉原盛重の次子景盛、兄元盛を討て後、此社地の傍に城を構へしが、幾ばくならずして毛利氏に誅せらることは尾高村の下に詳なり。平地なれば城跡明ならず。今屋敷跡と呼ぶ地なるべし。

 

伯耆志の記述は佐陀神社の社伝にも転載されている。

 

萩藩閥録:毛利輝元書状

就其許在番、於伯州佐陀五拾貫之地遣之候。

 

杉原景盛の討伐後の1582年(天正10年)9月以降、粟屋元辰が城番に任じられ、1585年(天正13年2月24日)には知行に関する書状が発給されている。

 

町政百周年記念 淀江風土記 佐陀村の条

村ヨリ北ニ当テ古城有。城主知レス。

 

淀江風土記では佐陀村についての記述に古城跡の存在は記されるが城主を不明としている。

 

年 表

1582年

天正10年

杉原景盛と家臣の菖蒲左馬允が共謀し兄の杉原元盛を謀殺、当城を築き、伯耆国尾高城から移ったと云われる。

地元に残る伝承では当城へ移った理由として、

・大山の麓に現れた大天狗に諭された

・土地神が現れ、相撲を取ると城下に怪異が起きた

・兄の亡霊が尾高城内を歩き回るなどの幻覚に悩まされた

などが原因として挙げられている。

 

8月、杉原景盛の素行が毛利家に対して叛意ありと香川春継粟屋就光らに当城を攻められる。

 

8月15日、杉原景盛は捕らえられ、弁明をするも即刻の切腹を言い渡され自刃した。

杉原景盛が自害した場所は当城の他、鳥取県西伯郡大山町平田、島根県出雲市平田町にある大林寺など諸説あり。

 

杉原景盛の討伐後は粟屋元辰が城番を任じられている。

1585年

天正13年

3月24日、粟屋元辰に対して50貫の知行が認められている。(萩藩閥録)

地 図

写 真

訪城日 2019/01/14

写 真

訪城日 2013/05/02

上 へ

戻 る