武将列伝帖

しん し

進氏

【氏】【姓】朝臣【名】

別 名

相見氏(あいみ し)

巨勢氏(こせ し)

出 身

伯耆国会見郡

伯耆国日野郡

所 属

後醍醐天皇方⇒伯耆山名氏、尼子氏、日野山名氏⇒尼子再興軍、織田氏、南条氏

 

- 列 伝 -

平安時代、西伯耆(会見郡、日野郡)に一大勢力を築いた古代豪族、紀成盛を祖と称する一族。

戦国時代に拠点とした日野郡北西部に伝わる鬼住山の伝承では進大連を祖と伝える。

 

鎌倉時代には後醍醐天皇方を援け、船上山の戦いで戦功があったとし綸旨を賜っている。

 

室町時代には伯耆山名氏に仕え、有力国人衆(伯州衆)の一翼に名が見える。

応仁の乱に於ける功績から伯耆国守護職が山名教之の頃、進美濃守南条氏が伯耆国守護代に任じられている。

 

尼子経久による伯耆国内への介入を受けた際、山名尚之の被官衆に見えないことから反守護勢力の山名澄之へ与したと推測される。

尼子氏から一定の影響を受けていたと考えられるが日野郡北部に独立した勢力基盤を築いており、日野郡内に於いて日野山名氏らと日野衆を形成している。

 

1484年(文明16年)、蜂塚安房守が登場すると日野郡北東部は同じ日野衆の蜂塚氏の領有となり、一族は日野郡北西部のみの所領となっている。

この経緯から蜂塚氏はかつての配下、或いは同族であったが尼子氏の後ろ盾を得たことにより独立したとも考えられる。

 

1565年(永禄8年)、毛利方の侵攻を受け伯耆国江美城は陥落し蜂塚氏が滅亡。

翌年には出雲国月山富田城も陥落し尼子氏は滅亡している。

尼子氏の後ろ盾を失った一族は南条家を頼る者、流浪の身となり後に尼子再興に与する者などに分かれている。

 

1578年(天正6年)、尼子再興軍として播磨国上月城へ籠城した武将に日野氏と一族の名が確認できる。

 

天正年間には南条家の家臣として進免之の名が見え、小森方高の毛利方への裏切りを阻止した功績から伯耆国松崎城を与えられている。

1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで西軍に属した南条家が改易されるまで城主を務めたとある。

 

慶長年間には進成行が大山寺の宝物を横領したとして横田村詮によって処刑されている。

上 へ

戻 る