西伯郡伯耆町(旧西伯郡岸本町)に

所在したと伝わる古城跡

鳥取県西伯郡伯耆町岸本

播磨三木城の支城とされ、三木合戦以降は別所一族が流れ着いたとも伝える。

鳥取県西伯郡伯耆町清原

伝承には別所長治の居城と伝える。

鳥取県西伯郡伯耆町久古

大山寺領。大塚右馬頭の居城。

 

真野城

鳥取県西伯郡伯耆町真野

伯耆山名氏の一族、真野氏の居城と伝わる。

鳥取県西伯郡伯耆町丸山

避雪地で降雪期に大山寺領の政務を執り行った。

鳥取県西伯郡伯耆町小町

鎌倉山の合戦に登場する。

 

西伯郡伯耆町(旧日野郡溝口町)に

所在したと伝わる古城跡

鳥取県西伯郡伯耆町二部

足羽重成の築城に始まり、代々足羽氏の居城とされる。

鳥取県西伯郡伯耆町二部

足羽久重の居城とされる。

鳥取県西伯郡伯耆町二部

後藤実基による築城が考えられる城砦。

鳥取県西伯郡伯耆町三部

野上高継野上長龍の居城。江戸初期まで製鉄産業で栄えた城下町があったとされる。

鳥取県西伯郡伯耆町父原

会見郡八幡ノ郷坂中村を拠点とした進氏の長者、進四郎三郎の居館とする。

鳥取県西伯郡伯耆町福島

福島氏の居城と云われる城砦。平安時代末~鎌倉時代初頃と推測されるたたら製鉄の炉跡が出土。

 

外構城

鳥取県西伯郡伯耆町福吉

字「城山」に所在。別名に殿の段城。

進成盛の子孫(野上荘を開拓)によって築城。進四郎三郎助貞はこの一族で名和長年に加勢する。

頂上に石垣があり、本丸、二ノ丸、馬場、2段目に井戸跡(古井跡)が残るとされる。

進祐定の居城で福島城の外構えとする説、向城として相対した説、鎌倉山城の出城(外構の城)など様々な説がある。

溝口町誌では7m級の井戸を持つ城郭で鎌倉山城の出城として福島城と相対した進祐定の居城と伝える。

溝口のおいたち~溝口町制30周年記念~(昭和60年3月 溝口町制30周年記念誌編集委員会)より

 

荒堀城

鳥取県西伯郡伯耆町岩立

字「荒堀」に所在。詳細不明。

 

池田城

鳥取県西伯郡伯耆町畑池

字「城山」に所在。池田氏の持城とされ、宗間氏が城番とある。

伯耆志では池田村の条、古城の項目に「宗間某の居城と云えり。宗間氏の事蹟詳ならず。また村中古墓多しといえども伝なし。池田由之の弟、四郎兵衛元嗣の孫、忠兵衛元成此地に暫く居す。これが村名の由来となった」とある。

溝口のおいたちでは池田家代々の奥様の申し継ぎに「石垣の中に隠れ座敷がある。何れかの時、婦女子はそこで待て」と云い伝えたとある。

溝口町誌では宗間氏の居城として「字城山にあり。東に面する嶺山前は耕地、北南は深谷なり。近くの泉原下に石垣あり。その下に戦術的洞穴と思われるものあり」としている。

 

池田屋敷

鳥取県西伯郡伯耆町畑池

畑池の屋敷とも。池田氏の居館とされる。

 

陰平城

鳥取県西伯郡伯耆町大坂

大坂の陰平の山上に所在。馬場を備えた塞とされる。

鳥取県西伯郡伯耆町長山

日本最古の鬼伝説の地の一つ。

 

上代城

鳥取県西伯郡伯耆町福岡

字「城の越」に所在。鎌倉山城の出城で東側の要衝。

 

谷川城

鳥取県西伯郡伯耆町谷川

字「要害」に所在。別名に下巳要害。

 

籾峯城

鳥取県西伯郡伯耆町大倉

字「もみうね」に所在。大倉和泉守の居城で天文年中に香川左衛門尉光景が構えたと伝える。大倉のもみうね城。

香川左衛門尉光景は格別の信仰心を以て大山祇神を祀り崇め水田3反を寄進したとある。水田は神田(じんだ)と呼ばれ、城跡の一段下に所在。

大倉和泉守は播磨の四位侍従とするが実在するかは怪しいとする。

 

宮原ノ城床

鳥取県西伯郡伯耆町宮原

字「城床」に所在。詳細不明。

 

矢倉要害

鳥取県西伯郡伯耆町谷川

字「天皇要害」に所在。詳細不明。

旧西伯郡岸本町

旧日野郡溝口町

上 へ

戻 る