伯耆古城図録

やばせじょう

八橋城

鳥取県東伯郡琴浦町八橋

別 名

大江ノ城 / 大江城(おおえのしろ / おおえじょう)…中世はこちらの呼称、表記が一般的。

岩上山ノ城(いわかみやまのしろ)…伯耆民談記に見える呼称。

立石城(たていしじょう)…JR山陰本線の敷設前は南側にも城域が展開していたことに由来する呼称。

津田城(つだじょう)、八橋陣屋(やばせじんや)…津田氏による統治の頃の呼称。

端八橋郡城(はやなせのしろ / やなせじょう)…中務大輔家久公御上京日記に見える経由地のひとつ。

遺 構

郭跡、石垣、礎石

現 状

JR八橋駅、八橋城山稲荷神社、酒井片桐飛行殉難碑、公園、山林、原野

城 主

(伯耆山名方)行松正盛行松氏

(尼子方)吉田左京亮吉田源四郎福山茲正横道高光

(毛利方)三村家親三村五郎兵衛海邊左近右衛門村松宗兵衛杉原盛重杉原景盛

(南条方)南条元信山田越中守一条市ノ助正寿院利庵赤木兵太夫

(中村方)中村一栄中村栄忠河毛備後依藤半左衛門

(市橋方)市橋長勝

(池田方)池田長明津田元匡津田氏

築城年

室町時代

廃城年

1617年(元和3年)

築城主

形 態

平山城

備 考

東伯町指定史跡(現琴浦町指定史跡)(昭和49年5月1日指定)

参考文献

陰徳太平記[香川正矩 編](明治44年5月 犬山仙之助)

陰徳太平記 巻之三(香川正矩著 明治44年5月 吉田八得)

雲陽軍実記[河本隆政 著](明治44年11月 松陽新報社)

伯耆志(因伯叢書 伯耆志巻三 大正5年9月 佐伯元吉 因伯叢書発行所)

伯耆民諺記(寛保2年 松岡布政)

伯耆民諺記(写)(昭和23年 原田謙)

伯耆民談記 巻下(大正3年3月 佐伯元吉 因伯叢書発行所)

伯耆民談記(昭和2年10月 佐伯元吉)

因伯文庫 伯耆民談記(昭和35年3月 萩原直正校註)

陰徳太平記 合本三(香川正矩著 明治44年5月 犬山仙之助)

出雲文庫第三編 和譯出雲私史(大正3年9月、大正13年9月第2版)

東伯町誌(昭和43年 東伯町誌編さん委員会)

東郷町誌(昭和62年12月 東郷町誌編さん委員会)

縄張図

八橋城略測図(鳥取県教育委員会提供)

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

 

概 略

陰徳太平記など中世の書物では大江城(大江ノ城)の呼称で登場する。

築城主は伯耆山名氏の重臣であった行松正盛とされ、伯耆国尾高城と同様に行松氏代々の家城と云われる。

 

伯耆民談記 巻之二 都邑之部

一、八橋

八橋郡菊里の郷にあり。本名を菊里という。古城を岩上山の城という。委くは古城の巻に誌す。寛永九年、津田将監に賜り古城の麓に屋敷を構え、周りに侍の小路を割り当て組の騎士に重官を置く事松崎に同じ。

 

伯耆民談記 巻之第十五 八橋郡古城之部

一、同城地理

城の本名を大江の城と号す。山を岩上山と称す。大手は東向也。本丸の高さ麓より二十六間、境地南北三十二間、東西二十三間、めぐり八十七間あり。南の隅に井あり、深さ五間、今は水無し。二の丸は本丸より東に続き、下き事三間、東西二十七間、南北二十二間、東に向つて門の跡あり。何れも礎石累々所々に残る。二の丸より五間斗り下に廓あり。東西五十八間、南北二十間、南に堀あり。長九十六間、廣さ三間、深さ二間、水無し。北に堀有り、長さ三十間、廣さ四間、深さ一間余、水あり。又、東にも堀あり、長さ五十間、廣さ六間、深さ一間、水あり。東北に川堀あり、長さ五十間、廣さ二十八間、深さ一間半。城山の東を去る事九十間斗りにして大日山あり。城山に同じく、又、西北に諏訪山あり。 相去る事二百三十間余り、高さ城山より四五間計と、此間深田也。城山より海浜へ百十間あり。民屋此間に連る。東西の馬寄せ至極よし。

 

伯耆民談記では本丸と二ノ丸が存在し、周囲は堀を巡らせ南の端に井戸、東に大手門があったことが記述に見える。

また、二ノ丸の下(現在の八橋駅舎から立石団地周辺)にも郭があったとしている。

 

伯耆民談記 巻之第十五 八橋郡古城之部

一、八橋の城の事

菊里の郷八橋にあり。大江の城と号す。行松左衛門尉正盛入道累代の家城なり。然るに大永の崩れに尼子経久が為に滅亡し正盛は流浪の身と成れり。当城尼子領と成って吉田肥後守が舎弟吉田左京亮居住し西三郡を守護す。然るに左京亮、播州太子堂に於て備中国成和の城主三村修理亮家親と合戦して討死せり。其子源四郎という。幼少にて孤と成りしが家臣とも軍事を補佐して当城に在り。然るに永禄七年の冬より三村家親、毛利元就の名を蒙り伯耆の押と成て会見郡法勝寺の城に居る。源四郎が家臣福山を始め各打寄りて申談する様、主人の怨敵を目の前に差置き此儘にあるべきぞ。急ぎ法勝寺へ押寄せ一朝に討果すべしとて軍議一決しける。此事三村家親に聞えて頓て芸州へ注進せしかば毛利家より香川佐兵衛尉光景を加勢として法勝寺の城へ着陣し、九月三日、家親、光景一手に成り二千余の人数にて八橋の城へ寄せかけたり。城中には吉田が臣、福山、谷土、熊谷、平松等を始め二百余人楯籠る。大手は無村勢攻寄せしが素より家親勇猛の将なれば真先に城門へ押詰め攻立つる。城中にも三村と見るよりも我先きにと突き出て身命を惜まず戦うたり。香川は搦手より攻めけるが肩先を射られ少し猶豫する所に長男五郎廣景、二男兵部太輔春継、士卒を進め外廓を乗やぶる。城兵今は叶わずとて、福山、平松、谷土、熊谷等屈竟の者共八十余騎源四郎を真中に取り包み大手へ一文字に突て出づ寄手の中を打破り西の方へ落ちて行く。家親怒てそれを討留め射取れや者どもと下知すれども主従難なく落延び尼子の本城雲州富田へ馳込みたり。三村、香川は勝鬨唱え城を乗取り当城に逗留す。源四郎が家来共此事を口惜く思い尼子義久に訴え、秋山、牛尾、本多等五百余の加勢を乞受け当城へ夜討しけれども三村、香川、用心隙間なく秋山等追払われて富田の城へ引帰る。かくして光景は芸州に帰り、当城は家親より三村五郎兵衛、海辺左近、村松宗房等に五百余人を添えて入置きける。其後当城は尾高杉原播磨守の領となり、播磨守尾高の城をば嫡子彌三郎元盛に譲り、其身は当城に有りて羽衣石の南条を押さえしが天正九年臘天下旬、当城において病死せり。二男又次郎景盛続て在城せしが悪逆無道なりし故、仝十年初夏の頃、吉川元長に攻落さる。此時毛利家と上方との和睦となり当城も南条元続の持と為り。伯父備前守元信を差置きたるが元信倉吉へ移りし後、山田越中正壽院等当城を相守る。又、吉田源四郎は尼子滅亡の後、毛利家に随い肥前守と改め杉原播磨守が聟となり、又次郎景盛亡びて後、尾高の城主となり西三郡を領せしなり。慶長五年、南条亡びて後は中村伯耆守忠一当国一圓拝領あり。当城には叔父彦右衛門一栄、三万石にて居住す。(其前駿河国沼津の城主なり)同九年三月、一栄此所にて病死す。其子伊豆守、当所を転じて倉吉に移る。同十四年、中村忠一早世に依て家系断絶す。翌十五年、市橋下総守長勝、当城を拝領有て濃州今尾より移住せしが領地は二万三千石なり。元和三年、新太郎光政公、因伯一圓を拝領有て当所には池田河内長明を差置給う。寛永九年、御当家の御領国となって津田将監元匡に此所を給わり子孫今に至って領主たり。

 

1524年(大永4年)、尼子経久による西伯耆侵攻(大永の五月崩れ)を受け落城。

城主であった行松正盛は家城を失った行松氏の一族と共に国外へと退去している。

大永の五月崩れ以降、尼子氏は当城に吉田左京亮を留め置き、伯耆国羽衣石城、伯耆国泊城などを拠点とし、東伯耆三郡の支配体制を固めている。

 

天文年間(1532年~1555年)、吉田左京亮が播磨国にて討死し、子の吉田源四郎が家督を継承している。

尼子方の城番には福山茲正横道高光の名前も見える。

 

1564年(永禄7年)、毛利方の三村家親が伯耆国法勝寺城へ侵攻。

吉田源四郎は援軍として出陣するが法勝寺城への救援は奏功せず落城している。

 

和譯出雲私史 巻之五 尼子氏上 義久の条

(永禄八年)九月三日、香川光景、三村家親来つて大江城(島根郡に在り)を攻む。

義久、秋上久家を遣わして之を援う。利あらず、城将吉田源四郎、久家と共に富田に還る。

 

1565年(永禄8年)、尼子方の籠る出雲国月山富田城の孤立を画策する毛利方は伯耆国側からの補給を絶つため、伯耆国内における尼子方の残存戦力であった日野郡の伯耆国江美城、伯耆国不動ヶ嶽を攻略すると孤立した当城の攻略へ向かっている。

毛利方の総大将は三村家親、検使に香川光景を派遣し精兵2,000騎で当城を攻撃し落城させている。

落城の寸前、尼子方の城主であった吉田源四郎は残存兵200騎をまとめ敵中突破を敢行し、60名ほどが無事に月山富田城まで落ち延びている。

陰徳太平記では敵中突破を敢行したのは福山綱信らの行動とし、吉田源四郎は勇士に囲まれながら落ち延びたと記している。

尼子方からは秋上庵介本田与次郎らが奪還のため3,000騎を従え夜襲を行ったが回復には至らなかった。

毛利方の領有となると三村家親の部将、三村五郎兵衛海邊左近右衛門村松宗兵衛らが在番とある。

 

1566年(永禄9年)11月21日、月山富田城に拠った尼子氏は降伏。

この頃より毛利方の武将、杉原盛重が城主に任じられている。

 

1582年1月19日(天正9年12月25日)、杉原盛重が当城にて病没。

家督は長男の杉原元盛へと相続され、当城へは次男の杉原景盛が入城している。

 

1582年(天正10年)、杉原元盛への家督継承を良しとせず、杉原景盛と旧臣の謀略によって杉原元盛が殺害される。

同年8月、杉原景盛の家督継承は認められず、毛利方の介入を受けると杉原家は改易となった。

 

1584年~1585年(天正12年~天正13年)、京芸和睦が成立すると当城は南条氏の領有となり、南条元信山田越中守正寿院利庵などが在番とされる。

 

1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いで西軍に与した南条氏が改易されると伯耆国は中村一忠の領有となり、中村一栄中村栄忠河毛備後守依藤半左衛門が城主に見える。

 

1610年(慶長15年)、中村家が改易されると美濃国から市橋長勝が転封となる。

 

1615年~17年(元和元年~元和3年)、元和元年の一国一城令により城郭の破却が行われている。

廃城後は八橋郡の政庁となる陣屋が置かれ、池田家の池田河内守長明(1606~1679)、津田将監元匡が城主へと任じられている。

津田元匡(1602~1648)以降は津田氏の知行となり、自分手政治による委任統治が明治時代まで続いている。

 

現在はJR山陰本線の敷設工事による開削及びJR八橋駅の建設によって南北が分断、北側に二つの郭跡が残る。

伯耆民談記では残存する郭跡の西側を主郭、東側を二ノ丸と伝えているが、戦国期の城砦か廃城後の陣屋、どちらの縄張を指すかは不明。

八橋城山稲荷神社への山道脇にはニノ丸の石垣や礎石の残骸が点在し、整った石垣跡は市橋長勝が改修を施したものとも云われる。

残存遺構も改変が著しく、八橋城山稲荷神社が鎮座する郭跡は二ノ丸ではなく櫓台など別の役割を持った郭跡とする見方もある。

ニノ丸の南側~東側にかけて土塁のような土盛も見えるが、これは線路敷設時の切通による改変(土留め)と考えられる。

ニノ丸から西へ登ると主郭となり、神社の鎮座する郭跡の麓に礎石の残骸が見える。

 

線路で分断された南側には郭跡が残っていたとされるが近年の宅地造成によりほぼ消滅している。

別名に「立石城」とも呼称され、城砦の南側には覚天山体玄寺が鎮座、更に南の立石団地を含む一帯までが往古の城域とも推測されている。

 

主郭の「酒井片桐飛行殉難碑」は1932年(昭和7年)に飛行機墜落で亡くなった新聞社の飛行士、酒井憲次郎片桐庄平を偲んで建てられた慰霊塔。

 

年 表

室町時代

伯耆山名氏の配下、行松正盛によって築城され、行松氏の居城であったとされる。

1524年

大永4年

大永の五月崩れによって落城。尼子方が領有すると吉田左京亮が居城し、東伯耆の三郡を支配したとされる。

1532年~1555年

天文年間

吉田左京亮が播磨国で三村家親に討たれると子の吉田源四郎が家督を継ぎ当城の城主となった。

1564年

永禄7年

吉田源四郎が伯耆国法勝寺城へ侵攻してきた三村家親を迎撃するため出陣。

この頃、城番として福山茲正横道高光の名前が見える。

1565年

永禄8年

9月3日、伯耆国不動ヶ嶽を陥落させた毛利方の香川光景が続けて当城を攻撃している。

尼子方の守将であった吉田源四郎は落城必至と見ると城兵200余騎を率いて毛利軍の包囲網を破り、出雲国月山富田城へ落ち延びている。

落城後は毛利方の杉原盛重が城主とされる。

東郷町誌では同月、毛利元就の命を受けた南条宗勝山田越中一条市助南条備前守正受院利庵らを入城させたともしている。(東郷町誌)

1580年

天正8年

4月24日、南条元続南条元清兄弟が二度に渡って当城を攻撃。

1581年

天正9年

杉原盛重が病没。二男の杉原景盛が城主として在城。

1584年

天正12年

春頃、南条元続が八橋より赤崎原へ出陣とある。

毛利氏豊臣氏の「芸京和睦」で当城は南条氏が領有となる。

1600年

慶長5年

関ヶ原の戦いで西軍に所属した南条氏は改易。

伯耆国は中村一忠の所領となり、中村一栄が3万石を知行し城主となる。

1604年

慶長9年

中村一栄が病没。家督を継いだ中村栄忠が城主となる。

中村栄忠打吹城へと移ると依藤半左衛門が城番として入城している。

1609年

慶長14年

中村一忠が病没。中村家は嫡男無しのため断絶とされる。

1610年

慶長15年

中村家の改易に伴い美濃国今尾より市橋長勝が城主として封じられている。

1615年

元和元年

江戸幕府より一国一城令が出される。

1617年

元和3年

鳥取藩主、池田光政の所領となり池田長明が居城。

この年に廃城とされ、建物の一部を残し政務に当たったと推測される。

1632年

寛永9年

鳥取藩主、池田光仲の所領となり、家老の津田元匡が陣屋を設け自分手政治によって当地を治めた。その後、明治まで津田氏による委任統治が続いた。

地 図

 

写 真

訪城日 2013/09/14

北側から本丸の遠望

北側から二ノ丸の遠望

現地案内板

本丸からの眺望(日本海側)

東側からの遠望

八橋城山稲荷神社への参道

参道

参道

道中の二ノ丸の礎石

道中の二ノ丸の礎石

二ノ丸

二ノ丸

八橋城山稲荷神社

二ノ丸の土塁(南側)

二ノ丸の土塁(南側)

二ノ丸の土塁(東側)

主郭と二ノ丸の間の郭跡

主郭と二ノ丸の間の郭跡

本丸への遊歩道

道中の主郭の礎石

道中の主郭の礎石

主郭

主郭

酒井片桐飛行殉難碑

登城路右側から主郭石垣へ

主郭の石垣

主郭の石垣

主郭の石垣

主郭の石垣

主郭の石垣

JR山陰本線による分断状況

JR山陰本線による分断状況

上 へ

戻 る