伯耆古城図録

うつぶきじょう

打吹城 / 宇津吹城 / 宇津葺城

鳥取県倉吉市仲ノ町 / 鳥取県倉吉市葵町 / 鳥取県倉吉市みどり町 / 鳥取県倉吉市鍛冶町

別 名

倉吉城(くらよしじょう)

遺 構

郭、土塁、虎口、堀切、空堀、横堀、竪堀、畝状竪堀、枡形、石垣、櫓跡、居館跡、井戸跡

現 状

山林、原野、鎮霊神社、境内

城 主

(伯耆山名方)山名師義山名澄之山名氏豊

(毛利方)吉川元春

(南条方)南条信正小鴨元清山田越中守

(中村方)中村栄忠山田越中守

(池田方)伊木忠貞荒尾嵩就荒尾宣就荒尾秀就荒尾勝就荒尾甫就荒尾斯就荒尾厚就荒尾為就荒尾世就荒尾直就

築城年

1356年~1361年(延文年間)

廃城年

1615年(元和元年)

築城主

山名師義

形 態

山城

備 考

史跡指定なし

参考文献

伯耆民諺記

伯耆民談記

新修 倉吉市史 第二巻 中・近世編(平成7年3月 倉吉市史編集委員会)

縄張図

打吹城略測図(鳥取県教育委員会提供)

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

 

概 略

標高204メートルの打吹山山頂を中心に築かれた山城。東伯耆の城郭の中でも最大級の規模を誇った。

主郭の北西部と南西部には木戸があったとされ、北西部には土塁を配した郭跡が残っている。

主郭北西部の土塁を配した郭跡には瓦が散布しており、破城の名残とも推測される。

 

年 表

1356年~1361年

延文年間

山名師義による築城と云われる。

1524年

大永4年

尼子氏の侵攻によって落城したと云われる。(大永の五月崩れ)

1562年

永禄5年

南条氏が尼子氏から離反。毛利氏に与し旧領を回復。

1579年

天正7年

伯耆国羽衣石城南条元続が毛利氏から離反し織田方となる。

1580年

天正8年

毛利方の武将、吉川元春が入城。

羽衣石城の南条氏・伯耆国岩倉城の小鴨氏への押さえの拠点として城を再興したとある。

1582年

天正10年

本能寺の変によって羽柴氏から毛利氏に対し一時的な和睦が行われる。

1585年

天正13年

毛利氏と羽柴氏の和睦により領土が確定。

八橋川以東の東伯耆3郡は南条氏の領土となり、再び南条元続の持城となった。

1600年

慶長5年

9月15日、関ヶ原の戦いが始まる。

南条元忠は西軍に属したが敗れ、南条家は改易となった。

関ヶ原の戦いでの功績により中村一忠が伯耆国領主となり、城主として中村栄忠(伊豆守)が城番として任じられた。

1609年

慶長14年

中村家が改易されると江戸幕府の直轄領(天領)となった。

1614年

慶長19年

安房国の里見忠義が倉吉3万石を与えられるが当城に入ることはなかったと云われる。

1615年

元和元年

一国一城令により廃城となった。

1617年

元和3年

池田光政が因伯32万5千石の領主として因幡国鳥取城へ入城。

打吹山麓も鳥取城とその城下町に変わる新城建築の候補地となったが『領国の中央なれど、山奥にて国主鎮座の地にあらず』と、採用されなかった。

池田光政は家臣の伊木忠貞に命じで倉吉の支配を行わせた。

1632年

寛永9年

打吹山麓に陣屋(倉吉陣屋)が置かれ、明治維新まで倉吉荒尾氏による自分手政治が行われた。

地 図

写 真

訪城日 2013/05/06、2016/04/09

上 へ

戻 る