武 将 列 伝 帖

やまな さがみのかみ すみゆき

山名相模守澄之

【氏】【姓】朝臣【名】山名【通称】相模守【諱】澄之

別 名

出 身

不明

官 途

相模守

所 属

伯耆山名氏

生 年

不明

没 年

1533年(天文2年)

 

武 将 列 伝

山名之弘の子で伯耆守護。伯耆国打吹城、伯耆国富繁城の城主。

 

父、山名之弘の頃からの反守護家の闘争を引き継ぎ、伯耆守護の座を巡って山名尚之と内乱状態(国総劇)となる。

援助と称した尼子氏の介入もあり、山名尚之の勢力を没落させている。

 

1506年(永正3年)12月頃までに伯耆守護職に就いたとされるが、尼子氏から守護代として尼子晴久を送られていることから、名ばかりの守護職で実際は尼子氏の傀儡同然の扱いであった。

 

1515年(永正12年)、尼子経久とともに在地土豪の大曽祢氏を討っているが、この頃から尼子氏が西伯耆への調略を開始していたことが伺える。

この後、日野郡は尼子氏の直轄領となり、前伯耆守護の山名尚之の被官であった有力国人(伯耆衆)は次々と国外へと追放、或いは退去することとなり、尼子氏の政治基盤が強固になると同時に伯耆山名氏の権力は急速に弱体化していった。

 

1521年(大永元年)1月、瑞泉寺へ相見郡柏尾村を寄進しているが、既に尼子氏が守護職の伯耆山名氏を凌ぐ影響力を持っていたとされることから尼子経久の意向の元に行われた寄進であったとも伝わる。

このような待遇に不満を募らせ尼子氏との決別の道を模索し、南条宗勝が率いる東伯耆の国人衆や美作国の国人衆など反尼子勢力への支援を行っている。(東寺百合文書)

 

1533年(天文2年)4月28日を最後に消息が途絶えることから死去したものと推定される。

死後は支援した反尼子勢力も解体され、伯耆国のほぼ全土が尼子氏の支配下となった。

上 へ

戻 る