武 将 列 伝 帖

ゆきまつ し

行松氏 / 幸松氏

【氏】不明【姓】不明【名】行松

出 身

会見郡中間庄

所 属

伯耆山名氏⇒毛利氏⇒南条氏

 

武 将 列 伝

伯耆国会見郡中間庄を発祥とする在地出身の国人衆。「幸松」とも記される。

 

伯耆山名氏の被官で有力国人衆、伯州衆として記される一族。

伯州衆の中でも最高位の地位を築いた一族で、その歴史は鎌倉時代頃まで遡るとされる。

室町時代後期には伯耆山名氏の被官でありながら東伯耆の南条氏と比肩する勢力であったと云われる。

最盛期には伯耆国尾高城、伯耆国八橋城を代々の家城として領し会見郡から八橋郡にかけて広く支配していたことが伺える。

 

室町時代に行松家の家督を継いだ幸松右馬允山名師義の子とされ、幸松右馬允が家督を相続した以降は伯耆山名氏と同格に扱われることとなり、伯州衆の中でも別格の存在となっていった。

この他、山名尚之の被官として幸松八郎五郎二郎の名が見える。

 

1492年(明応元年)までは伯耆山名氏の被官として記されるが、永正年間頃(1504年~)から段階的に始まった尼子氏の西伯耆侵攻(大永の五月崩れ)により尾高城八橋城、伯耆国七尾城など諸城が落城し、1524年(大永4年)までには国外へと退去したとされる。

伯耆国からの退去後、七尾城の城主であった行松源太兵衛は若狭の小浜で戦死、尾高城の城主であった行松正盛大内氏の下で武功を挙げるが後に見限り毛利氏へと属している。

 

1562年(永禄5年)の夏、行松正盛は毛利方の助力を得て尼子氏から家城であった尾高城を奪還し、38年ぶりに一族の本拠地を回復している。

尾高城を回復した翌年、1563年(永禄6年)に行松正盛は病没。後任には杉原盛重が任命されると同時に行松家の家督を引き継いでいる。

行松正盛の妻は暫く後家となっていたが暫くの後に杉原盛重と再婚し、行松正盛の遺児である九郎二郎十郎二郎も共に引き取られ養育されることとなった。

形式的には杉原家が行松家を正当に継承した形となるが一部には反発する一派もあり、行松家の家督を不当に乗っ取られたとして杉原家に合流せず勢力を衰退させていくこととなった。

このことから天正年間、行松一族の中に家城の尾高城奪還を画策し、東伯耆の南条氏を頼った者もあったと云われている。

 

1584年(天正12年)、南条氏に与して船上山付近の伯耆国細木原城の戦いに参戦した武将に行松次郎四郎の名が見える。

 

1585年(天正13年)、伯耆国内最後の戦となる伯耆国香原山城の戦いでは尾高城奪還のため手勢1,000騎を率いて行松次郎四郎が汗入郡方面に侵入し、伯耆国香原山城の城主、福頼藤兵衛を討ち取ると一時は香原山城を占領している。

尾高城への攻撃準備に手間取ったか香原山城から動かず、福頼元秀の引き連れた毛利方の援軍によって香原山城は奪還され、行松次郎四郎は伯耆国羽衣石城南条氏を頼って落ち延びている。

 

行松次郎四郎行松正盛の次男で杉原盛重に養育された人物とされるが、該当する人物は杉原景盛のことであり、杉原景盛は謀叛の咎で1582年(天正10年)に自刃している。

陰徳太平記では南条元続による出兵と断定しているが、異説にはこの出兵を行松次郎四郎の独断とし南条元続は直接出兵を行っていないとする説も存在する。

しかし総大将は架空の人物、没落の激しい行松家が1,000騎の兵を動員できた理由など、状況的には南条元続が黒幕である可能性が相当高い。

 

1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いでは南条氏と共に西軍に与するが西軍の敗北によって南条家は改易。

南条氏に与した一族も同じく没落となった。

上 へ

戻 る