伯耆古城図録

じょうのおまる

城ノ尾丸 / 城野尾丸

鳥取県日野郡江府町江尾(字城ノ尾、字寺ノ段)

別 名

白尾城(しらおじょう)

遺 構

郭跡、堀、土塁、切岸

現 状

畑地、山林

城 主

(尼子方)藤井内蔵

(毛利方)藤江蔵人

築城年

不明

廃城年

不明

築城主

不明

形 態

丘城

備 考

史跡指定なし

参考文献

陰徳太平記[香川正矩 編](明治44年5月 犬山仙之助)

雲陽軍実記[河本隆政 著](明治44年11月 松陽新報社)

伯耆志(因伯叢書 伯耆志巻三 大正5年9月 佐伯元吉 因伯叢書発行所)

伯耆民諺記(寛保2年 松岡布政)

伯耆民諺記(写)(昭和23年 原田謙)

伯耆民談記 巻下(大正3年3月 佐伯元吉 因伯叢書発行所)

伯耆民談記(昭和2年10月 佐伯元吉)(昭和35年3月 印伯文庫)

萩藩閥閲録(森脇覚書)

江美城銀杏段丸跡試掘調査報告書(平成13年3月 江府町教育委員会)

江府町の文化財探訪問<第1集>(平成元年3月 江府町教育委員会)

江府町史(昭和50年12月 江府町史編さん委員会)

江尾全図(昭和50年5月 江府町)

新修江府町史(平成20年6月 江府町史編纂委員会)

日野郡史 前篇(昭和47年4月 日野郡自治協会)

江府町報 縮刷版(昭和56年1月 鳥取県日野郡江府町役場)

江府町報 第52号 江美十七夜物語(昭和46年9月10日 井上中山香※)※江府町長 井上健治氏のペンネーム

縄張図

字城ノ尾周辺図(江府町役場提供)

江尾全図 ※一部着色

 

概 略

伯耆国江美城の南側の出丸、宇佐木丸から白尾谷を隔てた南の丘陵に所在し、蜂塚氏の家臣で藤井内蔵の居城と伝えられる。

当城の西には字「寺ノ段(てらんだ)」と云われる台地があり、居館や見張台の跡らしき郭跡が残る。

 

伯耆志 江尾村の条 城跡の項

(略)又、寺の段、城尾、白尾、小原など云う地あり。皆田土の字なり。何事も詳ならず。

 

伯耆志では宇佐木丸に続いて地名の記述が見えるが詳細は不詳としている。

 

江美神社社記の項(日野郡史)

城野尾と申処に藤井内蔵御在城にて其の家来に相見佐馬之介あり。大山椒魚を退治したことから字相見ヶ淵と申伝う。

 

江尾の江美城の項(日野郡史)

字城ノ上に在り。西に面し高岳なり。天文五年、蜂塚右衛門尉藤井蔵人居城。此の落城は陰徳太平記、日本外史に詳なり。

 

日野郡史に収録の江美神社社記では城主を藤井内蔵とし、1536年(天文5年)には蜂塚義光藤井蔵人が現在の江美城に居城とある。

字名から蜂塚氏の拠点が銀杏ノ段より移っていたと読み取れる。

 

1564年(永禄7年)、あるいは1565年(永禄8年)の毛利方による江美城攻略戦に於いて、銀杏ノ段宇佐木丸が陥落する記述は見えるが当城は登場しない。

陰徳太平記(巻第三十九 伯州江美之城没落之事)や森脇覚書では江美城への総攻撃が始まると、毛利方への降伏は一切許されなかった描写がある。

蜂塚氏の滅亡後に江美城の城番として藤江蔵人の名前が見えるため、戦前より毛利方からの調略を受けていたか、独自の判断において早い段階で降伏し、毛利方へ与したことが伺える。

伯耆志では口碑に藤江蔵人江美城の城番を務めたと推定されるが、居城であった当城についての詳細は不明。

銀杏ノ段より西、小江尾の小字にも「城尾(じょうのお)」が見える。

 

白尾狐の伝説(江府町史 要約)

白尾に留吉という白狐が住んでいた。白狐は神の使いとされ、留吉も神の使いとされた。

夜になると老爺に変身し、村の正直者に施しをする役を言いつかり、真面目に務めていた。

いつか太平山の狐仲間から誘われるがままに遊び回っていて、遊び癖がつき神の言いつけを忘れるようになり、神の怒りを買って元の野狐に色換えをされようとしたが泣いて謝ったので神様の使いは差し止め、胴だけを野狐に塗り替え、足と尻尾だけは白いままで許された。白尾はこれからついた地名である。

 

太平山の狐に唆されたためになまけ癖が付き、神の怒りを買うといった話となっている。

太平山は大山寺を示し、その狐は大山寺の僧であることから、大山寺とは何らかの確執があったために白尾の伝説に姿を変え語り継がれたとも考えられる。

 

年 表

不明

蜂塚氏の家臣、藤井内蔵の居城と云われる。

1536年

天文5年

伯耆国江美城藤井蔵人が居城とある。(日野郡史 前編)

不明

蜂塚氏の滅亡後、毛利方の領有となった江美城の城番に藤江蔵人の名前が見える。

地 図

 

写 真

訪城日 2016/12/18、2016/12/22

寺ノ段からの遠望

寺ノ段(東側より西側)

寺ノ段(南側より北側)

字「城ノ尾」

字「寺ノ段」

作業道

道中の段々畑

道中の段々畑

平坦地と沢

段々畑の跡

白尾周辺

白尾周辺

白尾周辺

白尾周辺の高まり

字「城ノ尾」(推定主郭周辺)

寺ノ段の高まり(西側)

寺ノ段の郭跡(寺屋敷跡)

寺ノ段の郭跡(虎口と土塁)

寺ノ段の郭跡

西側の高まり(見張台)

見張台(西)の堀跡

見張台(西)を囲む空堀

見張台(西)

見張台(西)

見張台(西)の腰郭

見張台(西)の腰郭

見張台(北)の堀

上 へ

戻 る