伯耆古城図録

えびじょう うさぎまる

江美城 宇佐木丸

鳥取県日野郡江府町江尾(字兎丸)

別 名

兎丸(うさぎまる)

遺 構

郭跡、土塁

現 状

畑地、山林

城 主

(尼子方)宇佐木隼人正

築城年

不明

廃城年

不明

築城主

不明

形 態

丘城

備 考

史跡指定なし

参考文献

陰徳太平記

伯耆志

伯耆民談記

伯耆民諺記

因伯古城跡図志

森脇覚書

江府町史(昭和50年12月発行:江府町史編さん委員会)

新修江府町史(平成20年6月発行:江府町史編纂委員会)

日野郡史 前篇(昭和47年4月 日野郡自治協会)

縄張図

江美城略測図より抜粋(鳥取県教育委員会提供)

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

 

概 略

伯耆国江美城の南側出丸とされ、南谷川を挟んだ丘陵西端に所在したと云われる。

西は日野川と切岸状の絶壁、北は南谷川、南は奥市川を天然の川掘として利用できることから西の街道を見張る施設として有能な立地となる。

 

東側の山中には土塁や堀切、土橋に見張櫓と思われる地形が確認できるが防御施設の遺構なのかは不明。

字「天狗瀧日南奥平(ひなおくひら)」「天狗瀧日南下平」「天狗瀧景上ノ平」から天狗岳陣所まで比較的容易に連絡が取れる。

 

伯耆志では城跡の項に江美城の出丸として記述が見える。

 

伯耆志 江尾村の条 城跡の項

(略)又、村の南の方高き地を鬼丸と呼ぶ地。今は田土なり。

 

確認できる伯耆志では全て鬼丸となっているが兎(兔)の誤字と考えられる。

いずれの刊行物でも誤字が直されていないことから本丸に対する鬼門の方角とする意図とする可能性もあるが不明。

蜂塚氏滅亡後の当城についての詳細は不明だが 伯耆志編纂時には「田土なり」と記していることから江美城が廃城された後は田畑へ改変されていたことが判る。

 

江美神社社記(日野郡史 前編収録)

蜂塚主の家老に宇佐木隼人正と申す武士、陣構え致し居る故に今字を宇佐木丸と申す也。

 

日野郡史に収録の江美神社社記では城主について宇佐木隼人正とし、陣を構えたことを地名の由来としている。

 

森脇覚書や三吉鼓家文書によれば1564年(永禄7年)の出来事とされるが、陰徳太平記や伯耆民談記では1565年(永禄8年)8月、毛利方による江美城攻めで蜂塚氏が籠もる本丸に向け当城、銀杏ノ段(銀杏丸)、天狗ヶ滝から砲撃・射撃が行われており、当時の火縄銃の性能と照らし合わせると蜂塚義光が治めた頃の江美城本丸の位置が城ノ上~上ノ段周辺に特定できそうである。

 

因伯古城跡図志

イ・長四十間、横三十間、高十五間マデ

 

1818年(文政元年)の因伯古城跡図志では兎丸の規模、詳細について記述が見える。

 

年 表

不明

蜂塚氏の家老、宇佐木隼人正の居城と云われる。(江美神社社記)

1564年

永禄7年

8月、毛利方の杉原盛重などにより伯耆国江美城が落城。(森脇覚書・三吉鼓家文書)

1565年

永禄8年

8月、毛利方に制圧され蜂塚氏の籠もる江美城本丸へ向け砲撃が行われた場所の一つと云われる。(陰徳太平記・伯耆民談記・江府町史)

地 図

写 真

訪城日 2013/11/24、2015/08/28、2016/04/12

上 へ

戻 る