伯耆古城図録

えびじょう いちょうのだんのまる

江美城 銀杏ノ段丸

鳥取県日野郡江府町江尾(字銀杏ノ段)

別 名

銀杏段丸 / 銀杏殿丸(いちょうのだんのまる)、蜂塚城(はちつかじょう)、蜂塚要害(はちつかようがい)、江見城(えみじょう)、江見要害(えみようがい)

遺 構

郭跡、土塁、堀切

現 状

畑地、山林

城 主

(進方)進氏

(尼子方)蜂塚氏蜂塚安房守蜂塚三河守蜂塚丹波守蜂塚義光

(毛利方)蜂塚義光

築城年

文明16年(1484年)

廃城年

不明

築城主

形 態

丘城

備 考

史跡指定なし

参考文献

陰徳太平記[香川正矩 編](明治44年5月 犬山仙之助)

雲陽軍実記[河本隆政 著](明治44年11月 松陽新報社)

伯耆志(因伯叢書 伯耆志巻三 大正5年9月 佐伯元吉 因伯叢書発行所)

伯耆民諺記(寛保2年 松岡布政)

伯耆民諺記(写)(昭和23年 原田謙)

伯耆民談記 巻下(大正3年3月 佐伯元吉 因伯叢書発行所)

伯耆民談記(昭和2年10月 佐伯元吉)(昭和35年3月 印伯文庫)

萩藩閥閲録(森脇覚書)

江美城銀杏段丸跡試掘調査報告書(平成13年3月 江府町教育委員会)

江府町の文化財探訪問<第1集>(平成元年3月 江府町教育委員会)

江府町史(昭和50年12月 江府町史編さん委員会)

江尾全図(昭和50年5月 江府町)

新修江府町史(平成20年6月 江府町史編纂委員会)

日野郡史 前篇(昭和47年4月 日野郡自治協会)

江府町報 縮刷版(昭和56年1月 鳥取県日野郡江府町役場)

江府町報 第52号 江美十七夜物語(昭和46年9月10日 井上中山香※)※江府町長 井上健治氏のペンネーム

縄張図

江美城銀杏段丸跡縄張り図及びトレンチ配置図(江府町教育委員会提供)

江美城銀杏段丸跡試掘調査報告書

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

江美城略測図より抜粋 ※鳥取県教育委員会提供

 

概 略

伯耆国江美城の北側の出丸とされ、舟谷川(船谷川)を挟んだ丘陵に所在したと云われる。

東側、南側を舟谷川、西側を日野川、北側を小江尾川が流れることで四方が天然の川堀で守られ、丘陵尾根も急峻な断崖が切り立つ天然の要害の様相を残す。

萩藩閥閲録に収録される文書では「蜂塚城」「蜂塚要害」とも記述が見える。(但し銀杏ノ段、城ノ上のどちらを指すか不明)

 

伯耆志 江尾村の条 城跡の項

(略)其夜半、山縣四郎右衛門、屋葺四郎兵衛等を相伴ひ蜂塚か館へ押寄せ放火したりけるに敵は皆館を明捨て城中に籠り居ける故可防者一人も無りけり。翌朝、寄手三千餘騎城の左右の山頂に攀登り鉄炮を揃へ散々に撃掛ける間雑兵共堪兼て城外へ颯と崩れ出けるを追詰一人も不残打取けれは蜂塚はとても叶はしとや思ひけん腹搔切て失にけり。

 

陰徳太平記 巻之三十九 伯州江美之城没落之事

(略)其夜半、山縣四郎右衛門、屋葺四郎兵衛等を相伴い蜂塚が館へ押寄せ放火したりけるに敵は皆館を明捨て城中に籠り居ける故。防者一人も無りけり可。翌朝寄手三千餘騎城の左右の山頂に攀じ登り鉄炮を揃へ散々に撃掛ける間、雑兵共堪え兼て城外へ颯と崩れ出でけるを追い詰め一人も残不打取りければ蜂塚はとても叶わじとや思ひけん腹搔き切て失せにけり。

 

陰徳太平記では四代目の蜂塚義光の治世の頃(永禄年間)、政庁としての機能は現在の「城ノ上」へ移っていったことが伺え、当城は江美城の北の防衛拠点として引き続き軍事施設などが残されたと推測される。

小江尾の小字に「古屋敷」と見え、当城が本丸として機能した頃の蜂塚氏の居館跡とも推測される。

 

1564年(永禄7年)8月6日、毛利氏による江美城攻略戦では兎丸と共に制圧され、毛利方の江美城攻めの拠点のひとつとされている。

江府町史では蜂塚氏一門が籠もる本丸に向け当城、兎丸天狗ヶ滝から砲撃・射撃を行ったとしている。(江府町史、江美十七夜物語)

陰徳太平記、伯耆志、伯耆民談記では1565年(永禄8年)の出来事とされる。

 

日野郡史 前編 江美神社の項

所在地 江美村大字江尾字銀杏ノ段。石上神宮勧請磐船神社と唱へ。後、王子権現と称す。

大正四年五月二十三日、上の段へ移転。旧城址名によりて江美神社と改む。

 

江美神社社記(日野郡史 前編収録)

本村より十町許り上に方り、入江といふ所にあり。銀杏の大樹があった事から是に因み銀杏の段といふ也。尚、蜂塚氏の旧城は唯今学校の上なる土地を古城といふ。又、唯今学校の敷地は土器の内と申して今、字を土居の内と申す也。寺の處より上を馬場といふ。又、西の門坂と申は蜂塚氏御在城の時、西の御門趾なるを以て字を西門坂といふ。

 

日野郡史では江美神社の旧所在地を字銀杏ノ段とし、往時の城砦は舟谷川を挟んだ北側に所在したとしている。

江美神社の由緒を辿ると1484年(文明16年)に蜂塚安房守が在城したとされる江美城は元来この銀杏ノ段に築城された城砦と伝えられる。

城主の蜂塚氏は代々江美神社を城砦鎮護・武運長久のため厚く祀っていたとされることから城砦鎮護が目的であれば社殿は城域内に鎮座している事が自然と考えられ、江美神社の前身である磐船神社、王子権現は銀杏ノ段内に所在したことから磐船神社を勧請した進氏から初代蜂塚氏蜂塚安房守)の治世の頃は江美城銀杏ノ段に所在したと推測できる。

 

鳥取県神社誌では江美神社の由緒として銀杏ノ段から上ノ段へ移転した経緯が見える(要約)

1868年(明治元年)、神社改正の際、江尾社と改められる。

1872年(明治5年)、村社に列す。

1873年(明治6年)、江尾神社と改称す。

1915年(大正4年)5月、久連、貝市、小江尾などの神社と合併し現在の場所に移転し江美神社と称す。

 

伯耆民談記 江美城の条

古戦書に日野郡江美城と云ふは此江美城の事なるへし。当城は本柳原村にあるとも云へたり。

 

蜂塚氏の滅亡後、当城についての詳細は不明。

 

年 表

1484年

文明16年

蜂塚氏の祖とされる蜂塚安房守による築城と伝える。

1524年

大永4年

大永の五月崩れによって伯耆国内の諸城が次々と落城する中、当城も尼子方へ属したと伝える。

蜂塚安房守の頃より尼子方と誼を結んでいた可能性も考えられている。

永禄年間

蜂塚義光の頃までには城砦の機能は字城ノ上へ移転したと考えられる。(江美神社由緒)

1564年

永禄7年

8月6日、毛利方に制圧され蜂塚氏の籠もる江美城本丸へ向けて銃撃が行われた場所のひとつとされる。

※1565年(永禄8年)の出来事ともされる。

地 図

 

写 真

訪城日 2019/08/24

本丸南側の帯郭

本丸南側の帯郭

王子権現跡

王子権現跡の祠

本丸の主郭跡

主郭東端(先は切岸)

主郭東端の土塁

主郭から切岸

主郭東側の切岸と堀切

主郭東側の堀切

主郭東側の堀切

写 真

訪城日 2016/04/12

旧江府町役場からの遠望

江美城の本丸からの遠望

南側の遠望

農道から畑地へ

農道を登ると二ノ丸

二ノ丸

二ノ丸から本丸へ

本丸の西側腰郭の切岸

本丸の西側腰郭の切岸

本丸の西側腰郭の切岸

腰郭上の土塁(西側)

腰郭上の土塁と堀切(西側)

腰郭上の土塁と堀切(西側)

腰郭上の土塁と堀切(中間)

腰郭上の土塁と堀切(中間)

腰郭上の土塁と堀切(東側)

本丸の主郭跡

本丸の先には3つの小規模な郭跡

上 へ

戻 る