武 将 列 伝 帖

はちつか うえもんのじょう よしみつ

蜂塚右衛門尉義光

【氏】【姓】朝臣【名】蜂塚【通称】右衛門尉【諱】義光

別 名

出 身

日野郡

官 途

右衛門尉

所 属

伯耆山名氏⇒尼子氏⇒毛利氏⇒尼子氏

生 年

不明

没 年

1564年(永禄7年)8月8日(森脇覚書、三吉鼓家文書)

1565年(永禄8年)8月8日(陰徳太平記、伯耆民談記)

 

武 将 列 伝

伯耆国江美城の四代目城主。

蜂塚丹波守の子と伝わり、伯耆民談記では諱を義光としている。

 

1560年(永禄3年)12月、尼子晴久の没後、尼子氏毛利氏と雲芸和議を結んだが毛利氏によって破棄されている。

尼子氏の衰退を見限った伯耆国の国人衆が次々と毛利方へ離反する中、蜂塚氏も尼子方から毛利方へと恭順している。

 

1562年(永禄5年)11月、毛利方に降った尼子方の旧臣、本城常光ら一族が殺害されると尼子方から寝返った伯耆国の国人衆の一部は毛利方を離れ再び尼子方へと与しており、蜂塚氏も同調し尼子方へ帰参している。

 

1563年(永禄6年)7月3日、毛利方の領する伯耆国河岡城を尼子方の軍勢が攻撃、河岡城へ増援に向かう毛利方の軍勢に対して妨害を行なっている。

この時、伯耆国生山城の城主、山名藤幸との接触が推測され、後の「日野衆の逆心」へ繋がったことが考えられる。

 

森脇覚書や三吉鼓家文書では1564年(永禄7年)、陰徳太平記や伯耆民談記では1565年(永禄8年)、8月朔日に毛利方の杉原盛重山田満重二宮杢介森脇右衛門尉らが兵3,000騎を以って美保関から出航するが、荒天に阻まれ計画通りの渡海ができず、福良や外江の港で四日間停留し、破損した舟の修復などを行っている。

雲陽軍実記では福良山と記され、伯耆国外江の他、出雲国側へ流された船団があったことが判る。

総大将の杉原盛重天狗岳付近に陣を構えると江美城の支城であった銀杏ノ段兎丸を瞬く間に制圧している。(江美十七夜物語)

同年8月5日の夜半、山縣四郎右衛門屋葺四郎兵衛らより城主の居館へ放火が行われているが、既に詰城へ移動した後であり人的な被害はなかったとしている。

同年8月6日、江美城の本丸への総攻撃が行われる。

同年8月8日、江美城の本丸にて自刃、落城とある。

自刃の際、最後まで付き従った70余名の助命を求めるも降伏は叶わず全員殺害されたと記される。(森脇覚書・三吉鼓家文書(永禄7年9月16日付杉原盛重書状))

 

落城の直前に東の間道(隠し通路)を使い大山寺領へ妻のお市と子ども達を逃がそうとしたが、現在の市ヶ坂付近で発見され殺害、一族は滅亡したとされるが一部に末子は逃れ、後に子孫が吉川氏に仕えたとも云われている。(江府町史)

 

陰徳太平記では尼子方から毛利方に寝返った後、再び尼子方へ寝返る事となった己の不義を後悔する描写があり、義侠の士とする評が見える。

また、毛利方との最終決戦前には明らかな劣勢の中、命が惜しい者、残される妻子を不憫に思う者に対して毛利方への降伏を勧めるなど部下思いの主君として描かれている。

初代、蜂塚安房守から500年以上続く江尾十七夜や言い伝えから領民にも慕われた仁君であったことが現在に語り継がれる。

 

江尾十七夜に伝わる伝承などでは滅び行く尼子に忠義を尽くして滅亡の道を辿った義将とする美談が語られるが、同じ陰徳太平記に描かれる戦の結末から、杉原盛重山田満重が出撃した8月朔日の時点で毛利方へ降伏する道は閉ざされていた可能性が伺える。

一度は毛利方へ降っていること、陰徳太平記に「士は渡り者なり」とする発言の記述があることから、必ずしも主君に殉じるため一族の命運までをも巻き込む考えがあったのかは評価が分かれる。

 

江美城へ総攻撃が始まる前、付き従う部下には毛利方への投降を勧めているが、この時点で毛利方は降伏を一切許さない方針であったことが見える。

陰徳太平記には「雑兵共堪え兼て城外へ颯と崩れ出でけるを追い詰め一人も残不打取りければ蜂塚はとても叶わじとや思ひけん腹搔き切て失せにけり。杉ノ原今田、二宮等は数百人が首を捕りて気色ばって帰りける」、森脇覚書では「蜂塚へ被懸、切崩し、無残打果、頸百余討取候」とあり、城内に残った将兵は尽く討ち取られている。

 

1562年(永禄5年)の本城常光らの殺害に於いては毛利方に功のあった降将に対する冷遇を鑑みて、再び毛利方へ降ったとしても粛清に脅える日々を過ごすことになるのではないかと感じた結果、「義」や「忠」という精神的な理由からではなく否応なく尼子方に殉ずる道を選択せざるを得なかったことも推測できる。

上 へ

戻 る