武 将 列 伝 帖

やまな せっつのかみ ふじゆき

山名攝津守藤幸

【氏】【姓】朝臣【名】山名【通称】攝津守【諱】藤幸

別 名

出 身

不明

官 途

攝津守

所 属

日野山名氏

生 年

不明

没 年

1569年(永禄12年)

 

武 将 列 伝

伯耆国生山城の城主。日野山名氏の最後の当主とも伝えられる。

伯耆山名氏の衰退と同じ頃、日野郡を掌握した尼子氏に与したとされる。

伯耆志では「フヂユキ」なる人物として伯耆国俣野ノ土居城の城主と伝承に伝えられる。

生山城の城主であったが尼子方から生山城の明け渡しを要求されており、この時期に俣野ノ土居城を居城とした可能性が考えられる。

 

1558年~1559年(永禄元年~永禄2年)頃、尼子氏を離反し毛利氏へと与する。

同年10月~11月頃、家臣団から毛利方へ人質を差し出すよう進言を受けている。

尼子氏から離反した際、尼子方の城番によって押さえられていた生山城を取り返す算段は無かったようで、この時は備後国の宮氏を頼っている。

 

1562年(永禄5年)6月、宮景盛に与して生山城を攻撃し、城番であった中井久家米原綱寛を撤退させている。

以後は拠点として接収し、周辺の対尼子勢力の掃討を行っている。

 

1563年(永禄6年)7月、伯耆国河岡城を巡る対尼子戦では宮景盛に従い従軍している。

この頃、尼子方に与した残存勢力は同じ日野衆であった蜂塚氏の軍勢であり、出雲国月山富田城への糧道確保のため出陣していた蜂塚義光との邂逅が後の叛心に繋がったとも云われている。

 

1564年(永禄7年)8月、毛利方を離反し尼子方へと寝返った伯耆国江美城が陥落し城主であった蜂塚義光は自刃。

本城常光蜂塚義光など尼子方からの降将に対する扱いに不信感を抱いた可能性が推測される。

 

1569年(永禄12年)、尼子再興軍に呼応して毛利方から離反。

尼子再興軍の出雲国侵攻を支援するため、親尼子派の在地国人衆(日野衆)と共に反旗を翻すが宮景盛によって討ち取られた。

家督は宮景盛の二男、宮景幸が相続し存続するが、後に小早川家の家臣となり当地を離れている。

 

異説には本城常光蜂塚義光と同様に尼子方からの降将であることを理由とした謀殺であった可能性も疑われる。

上 へ

戻 る