武 将 列 伝 帖

まきの し

牧野氏

【氏】不明【姓】不明【名】牧野

出 身

不明

所 属

尼子氏⇒毛利氏

 

武 将 列 伝

尼子氏に仕えた一族。

医学、薬学に長けた人物を多く輩出したとされ、尼子氏毛利氏には殿医として仕えている。

 

尼子氏が西伯耆を領有した頃は榎大谷周辺(現在の尚徳地区)に居館を構え、出雲国安田要害山城の支城として伯耆国古市城や伯耆国吉谷城の管理を担ったと推測される。

 

伯耆民談記では尼子方に与して伯耆国米子城飯山城)の城主を務めた人物も見えるが毛利方の吉川元春に抵抗するも敵わなかったとしている。

西伯耆で毛利氏が台頭し尼子氏が衰退を始めると尼子方に与し敵対した勢力の多くは排除されているが、一族はそのまま本拠地に安堵され、所領に極端な変更も見らない。

牧野家文書でも尼子氏が滅亡した後は毛利氏の殿医であったとしていることから、米子城飯山城)で抵抗した一族が存在したものの、医学、薬学の知見に長けたことから続けて重用されたことが伺える。

 

1592年(天正20年/文禄元年)、伯耆国米子城の城代であった古曳吉種が朝鮮半島で戦死。

翌年の1593年(文禄2年)には古曳吉種の夫人と遺児について吉川広家から養育の打診があったとされるが夫人はこれを断っている。

吉川家からの養育を断った夫人に上境村(実久村とも)へ住まいを提供し、古曳吉種の娘が13歳の頃に榎大谷牧野家の四男へ嫁いだとしている。

上 へ

戻 る