伯耆古城図録

いちばじょう

市場城

鳥取県倉吉市小鴨

別 名

小鴨城(おがもじょう)

遺 構

郭跡、土塁、堀切、登り土塁、空堀、水堀、水濠、切岸、平入虎口(東)、枡形虎口(南西)

現 状

畑地、竹林

城 主

(小鴨方)岡田某

築城年

不明

廃城年

1582年(天正10年)5月25日

築城主

不明

形 態

丘城

備 考

史跡指定なし

参考文献

因伯古城跡図志(文政元年 鳥取藩)

伯耆民談記(昭和2年10月 佐伯元吉)

伯耆民談記(昭和35年3月 印伯文庫)

新修 倉吉市史 第二巻 中・近世編(平成7年3月 倉吉市史編集委員会)

伯州刺史 南條公(昭和56年5月第2版 東郷町神波勝衞)

縄張図

市場城略測図(鳥取県教育委員会提供)

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

 

概 略

伯耆国岩倉城から北西4Kmほど先の丘陵裾部に所在したと云われ、小鴨氏の家臣、岡田某の居城と伝わる。

 

「鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)」の縄張図では北部を不明瞭とし凡そ正方形の区画まで記載となっているが、主郭北側の空堀から北側、字林ヶ平以北にも土塁、空堀、郭(田畑、果樹畑への転用か改変)と推定される地形が見えることから、丘陵全体を防衛ラインに見立て、岩倉城の支城として伯耆国今倉城や伯耆国三江城(対毛利氏)方面からの攻撃に備えた城砦が推測される。

 

縄張図に見える南西側の土塁と枡形虎口の部分は天神野方面へ抜けるための道路建設により一部が消滅、郭は殆ど全てが田畑(果樹畑や茶畑)、斜面は芋畑に転用されたが近年は耕作放棄地が増え竹薮が侵攻している。

 

南西側の枡形は虎口に対する全ての面が切岸状で、対応する上部の郭にはそれぞれ土塁が上積みされていることから主郭の南側~南東側にも虎口から繋がる防御施設(土塁など)が在ったと推測されるが現在は遺構を確認することができない。

 

主郭の北側と西郭の南側から伸びる土塁は丘陵斜面に沿って東から西に向かって登り土塁となっており、南西側~西側にかけた土塁と空堀の底の高低差は6~8mほどの比高となっている。現在は乾いているが数十年前は泥濘のある場所もあり、西側の空堀は水堀の可能性もあるが、茶畑などの用水路が通っていたことから単に水が溜まり易い地形になっているとも考えられる。

 

城砦の立地や防衛施設の配置から通説では岩倉城の支城とされているが、城砦の規模や構造、城下の経済活動の状況から周辺地域を統治する政庁としては岩倉城よりも当城の方が優れていた可能性が推測される。

当城は所在する地名から岩倉城と同様に「小鴨城」とも呼称されることもある。

 

伯耆民談記では岩倉城と運命を共にした城として記述が見える。

 

伯耆民談記 巻之第十三 久米郡古城之事 市場城之事

当城は小鴨庄市場村の上にあり。此城は岩倉領にして小鴨家の臣、岡田某が居城なり。天正十年五月、岩倉の城、吉川元長の為に滅亡し、其時当城も同く破滅す。 岡田は死を遁れ流落の身となり所々を徘徊しけるが後には盗となりて遂に因州に於いて死罪に行はれたりと云ふ。又当村を市場と称する事は昔時岩倉城繁昌の時、毎歳(春秋の)大市と云ふ事有りて自領他領の民牛馬を牽て此処に群集し市を立て売買せり。其頃は近国の諸武士等も多く来て乗馬を求めしと也。是によりて此処を市場村と称すと。又此並村に大宮大明神と云ふ神社あり。岩倉の城鎮守の神にてむかしは世に聞こへたる大社なり。小鴨大明神とも号す彼の大市の事、当社祭日の前七日より是を始め、当日を限りて終る。されば民間今尚小鴨市と称するは其時よりの事と云へり。

 

文政元年の因伯古城跡図志には城跡について以下の記述が見える。

 

因伯古城跡図志 市場村古城跡

高六間位、天神野之裾通松林有、当時山上社地也。

 

地元の話では道路建設予定地となり消滅する予定だったが、工事前の発掘調査で遺跡が見つかり工事計画は中断になったとする話があった。

このため、一部の地主が土地を売りそびれたという笑い話も。※筆者が幼い頃聞いた話なので信憑性は…

 

年 表

天正年間

小鴨氏の家臣、岡田某が居城と伝わる。

1582年

天正10年

5月25日、毛利方の武将、吉川元長の火攻めによって岩倉城は落城。

当城も落城し、そのまま廃城と伝えられる。

地 図

写 真

訪城日 2019/2/24

上 へ

戻 る