武 将 列 伝 帖

やまだ いずものかみ しげなお

山田出雲守重直

【氏】【姓】朝臣【名】山田【通称】出雲守【諱】重直

別 名

長田又五郎(ながた またごろう)

平三左衛門尉(たいらのみざえもんのじょう)

出 身

不明(但馬国?)

官 途

出雲守、左衛門尉

所 属

但馬山名氏⇒毛利氏(南条氏)

生 年

1525年(大永5年)

没 年

1592年4月15日(天正20年3月14日)

 

武 将 列 伝

伯耆国堤城を本拠地とした伯耆山田氏の一族で岩国山田氏の系統にあたる。

堤城、伯耆国小鷹城、長門国且山城など数多くの城主を歴任。子に山田信直山田盛直

一説には紀氏の末裔とされ、但馬山名氏に仕えた頃に平姓を名乗った。

 

1524年(大永4年)の尼子氏の侵攻(大永の五月崩れ)により一族は本拠の堤城を追われ但馬国へ逃亡。

但馬山名氏を頼り、この頃の一族は長田姓へ改姓している。

 

1544年(天文13年)頃までは「長田又五郎」を名乗り、1546年(天文15年)頃には「平三左衛門尉」へと改名している。

 

1560年(永禄3年)2月、但馬山名氏毛利氏による私部表合戦で戦功を挙げ、翌年、1561年(永禄4年)の若桜表合戦でも戦功を挙げたことから因幡国気多郡など所領を与えられた。

 

永禄年間中頃からは毛利方へ与するようになり、1562年(永禄5年)には毛利氏の支援を受け一族の本拠であった堤城を奪還し、翌年には但馬山名氏から毛利氏の傘下へと移った。

 

旧領への復帰後は毛利氏の思惑から南条家の家臣となっている。

表向きは南条家の家臣とされたが実際は毛利氏南条氏の渉外、常々不穏な動きを見せる南条氏の監視のためであったとする。

本人も一貫して毛利家の家臣であると考え、例え表面上であっても南条氏の臣下となることには小森久綱と共に直前まで渋っていた経緯が伺える。

そのような経緯もあり奉行衆を束ねる重臣の待遇としながらも南条家の家中に於いて扱いは微妙であった。

 

1566年(永禄9年)1月、毛利元就より出雲守の官途を受領している。

 

1575年(天正3年)、南条宗勝が死去し家督は南条元続が継ぐが待遇は変わらなかったようである。

 

1576年(天正4年)、尼子の遺臣、福山茲正の仲介により南条元続織田氏と内通を企てた際、吉川元春の命を受け福山一族を羽衣石城下の山田館に誘い込み殺害している。(吉川元春起請文および山田家文書)

※陰徳太平記では1579年(天正7年)4月の出来事としている。

 

南条氏を毛利方に引き留めるため奔走するが南条元続とは日頃から対立もあり、互いに不信感と猜疑心が強まっていたところに先般の福山一族殺害事件などの要因が重なり、1579年(天正7年)9月、南条元続によって堤城を攻撃されている。

家城は失ったが間一髪のところで嫡男の山田信直と共に因幡国鹿野城へと逃れている。

 

1580年(天正8年)8月13日、長和田の戦いでは伯耆国高野宮城に布陣している。(山田覚書)

 

1582年(天正10年)9月、吉川元春の下で嫡男の山田信直と共に南条元続の籠もる羽衣石城の攻略へ加わっている。

戦の最中に山田信直が急死するが動揺を見せることなく数多くの軍功を挙げ、自ら羽衣石城を落城させている。

この戦では恩賞の先行給付を濫発していたため戦後に手にした領地は実質、久米郡内の28石のみであった。

 

1584年(天正12年)、京芸和睦が成立すると久米郡は南条氏の領有となったため、再び家城の堤城を追われ会見郡の小鷹城へ移ることを余儀なくされた。

 

小鷹城の城主に任じられた頃は齢50代後半~60代と高齢であり、家督を次男の山田盛直に譲り隠居したと云われる。

(堤城主として山田盛直の名があることから京芸和睦以前に家督を譲っていたとも考えられる)

 

1592年(天正20年)3月14日、小鷹城にて没する。(伯耆民談記)

 

小鷹城の所在した南部町福成(柏尾地区)に伝わる話では、城主親子は2代に渡ってこの地に善政を敷いた名君とされ、小鷹神社に長男の山田信直と共に祀られ現在も若宮さんとして慕われている。長男の山田信直は今宮さんと呼ばれる。

若宮さんは五穀豊穣の神に比して稲荷宇気持神(いなりうきもちのかみ)、今宮さんは武勇に比して素益鳴尊(すさのうのみこと)とし、柏尾の守り神として崇められていると云われる。

上 へ

戻 る